ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

失敗しない家庭教師の選び方

希望にしっかり応えてくれるところに出会いたい!

数ある家庭教師センターの中から、
本当に子供たちに合うセンターを見つけるのはなかなか困難なことです。

しかし、本当にいい家庭教師の定義と、見極めるポイントを知っておけば、
選ぶときの失敗は少なくなるはずですよ!

家庭教師総合紹介はこちら

失敗しないために…※お役立ち情報一覧※

家庭教師の種類
個人契約・仲介契約・チケット制があります。
一般的なのは仲介契約で、信頼ある分、仲介費用が毎月発生します。
それぞれのメリット・デメリットなどを紹介しています。

学生とプロならどっちが良い?
子どもと歳が近く、受験経験も豊富な学生アルバイト。
アルバイトよりも家庭教師としての意識が高く、勉強方法を熟知しているプロ講師。
やはりプロ講師の方が費用は高くなります。それぞれのメリット・デメリットは?

個人契約のメリット・デメリット
仲介業者を通さずに、直接契約することを個人契約といいます。
個人契約の家庭教師といってすぐに思いつくのは、親戚や近所の大学生。
子どももすぐに打ち解けることができそうなのがいい?

こんな業者は危ない!
業者が派遣する講師の質や、会社のサポート体制を見極めるための
チェックポイントを用意しました。
良心的でないセンターとの付き合いで、
無駄な費用を支払ってしまわぬよう、しっかりとチェックしましょう。

相場は?
費用はセンターによって様々です。
いろんなところを比較してみると相場がわかりますが、
個人契約・学生アルバイト・プロ講師では、相場が大きく違いますよ。

学習塾と家庭教師を比較
進学塾・補習塾・個別塾・個人塾など、いくつかに分類される学習塾。
費用が家庭教師よりも抑えられるので、利用しているご家庭も多いでしょう。
実際はどちらが効果的か?それぞれのメリット・デメリットを調べてみました。

先生の質はここで見抜く!
受験経験を積んできた学生アルバイトがいいか?
勉強方法を熟知したプロ講師がいいか?希望する講師像は様々。
希望の講師にお願いするにはどのようなポイントに気をつければいいのか、
チェックポイントを紹介。

副教科対策の家庭教師
受験には関係ないと思いがちな副教科。
しかし、副教科の成績が悪いと、内申点も下がってしまい、受験には不利。
副教科を鍛えてくれる講師はいるの?

コンテンツ一覧

家庭教師の種類
依頼をする形態には3種類あります。主な種類である「個人契約」「仲介契約」「チケット制」について紹介しています。
学生とプロならどっちが良い?
家庭教師を依頼するなら、大学生かプロ講師か?どちらがよいのか、それぞれのメリット、デメリットから検証しています。
 
個人契約のメリットデメリット
家庭教師と個人契約を結ぶ場合の方法や、メリット・デメリットをご紹介しましょう。
こんな業者は危ない!
親が子どもの家庭教師を選ぶ際に、利用する業者においての見極めポイントを紹介しています。
 
相場は?
家庭教師を依頼するときに必要な、おおよその相場を紹介しています。気になる業者の相場はどれくらい?
学習塾と家庭教師を比較
学習塾のメリット・デメリットや、成績アップのためのベストな方法をご紹介。
 
先生の質はここで見抜く!
失敗しないためのに、相性のいい先生、成績をあげてくれることに真剣になってくれる先生の見極め方をご紹介しましょう。
副教科対策の家庭教師
体育、音楽、家庭科・技術などは、受験には直接関係ないものの、内申点に響きます。副教科のための対策とは?
 
記事の一覧表