ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

高校受験の成功体験記

ここでは、家庭教師学習により、お子様の高校受験を乗り越えた、ご家庭の体験記を紹介しています。なぜご家庭のお子様が勉強に対してやる気がおきないのか?そのことについて考えさせられる記事です。また、家庭教師とお子様の相性についての体験記では、相性の重要性がお話されています。そもそも相性とは何なのか?高校受験を成功させたご家庭のレビューを参考にしてください。

高校受験成功までの軌跡~家庭教師学習の体験記を紹介!~

高校合格体験談ここでは、家庭教師学習を通じてお子様がみごと志望校の高校受験に合格した体験記を紹介しています。

最初の体験記は、当サイトで取り上げた東大家庭教師友の会の家庭教師を雇っていたご家庭のレビューです。

都内の進学校の受験に息子が見事合格しました!

(公立高校受験合格:東京都在住・Tさん)

進学先に興味を持ち始めたのが、学力向上のきっかけです。

息子は、要領がいいタイプだったので、テスト前一夜漬けの勉強でも、そこそこの成績順位にはいました。ただ、勉強が好きなほうではなく、なんとなく志望校は決まっていたのですが、どうしても高校に行きたい!という明確な意思を持っていなかったです。

中学2年生の時には、塾に行かせて勉強するための環境を作ってあげてはいたのですが、途中サボりがちになっていたのを私が発見してしまったんです。その時塾から家庭教師学習に切り替えたんです。

その時に来ていただいた先生に息子が話を聞いてから、勉強に対する姿勢が変わってきたかなと思います。その先生はちょうど息子の志望高を卒業していて、在学中の楽しかった高校生活をリアルに、おもしろおかしく息子に話してくれました。

息子はちょうどその頃から、志望校での高校生活に興味を持ち始めていました。

この「興味を持つ」というのは意外に大事な要素だと思います。

正直、高校に行くことに対して無関心でな中学生は意外と多いんじゃないかなと思います。なんとなく進路を決めてしまったり。私が中学生だった時は、なぜその高校に行きたいのか?なんてあまり考えていなかったので、勉強が確かに苦痛でしたね。

進学することに興味を持てば、勉強をやる意義がわかり、おもしろくなるのだと思います。おもしろくなれば、勉強に時間を割くことを苦痛に感じなくなり、学習習慣が身につく・・・。

このようなポジティブなループにはまれば、学力はみるみる上がると思います。来ていただいた東大家庭教師友の会の家庭教師Aさんには、今でもとても感謝しています。息子の合格をサポートしてくださって本当にありがとうございました。

東大家庭教師友の会の口コミをもっと見る

「家庭教師と生徒の相性」に関する体験記

次に紹介する体験記は、高校受験を目指すお子様の親が感じた「家庭教師と生徒の相性」に関するレビューです。

家庭教師と子供の相性は重要!

(有名私立高校オープン型入試合格:東京都在住・Yさん)

私達親にとって、良い家庭教師は、子供との相性が合う家庭教師だと思います。

私のところでは、以前来てもらっていたプロ家庭教師を学生家庭教師に代えました。なぜ代えたのかというと、最初来ていただいていたプロの家庭教師の、子供との相性があまりにも合わなかったからです。

その先生には申し訳なかったんですが、うちの子にはあまり良くなかったみたいです。

プロ家庭教師と聞いて高い料金を支払って来ていただいていたのですが、成績の伸びも悪く半年でやめていただきました。解りやすく教えてくれる先生に出会うのは、なかなか大変だと感じました。

代わりに別の家庭教師の派遣会社から来ていただいた先生は、現役東大生の若い方でした。この方は、さすが東大!といえるほど、解りやすかったみたいです。授業の報告書を見させていただいたのですが、息子の苦手なポイントを明確にして、そこを重点的に指導してもらっていました。

東大生はやはり頭の回転が違うのでしょうか?東大生が出版している本とかもおもしろいですが、授業も「そんな解法があるんだ!」ていうような、問題を解くコツを伝授してくれるそうです。

プロと学生の違いについて詳しく見るにはこちら

無料で交代できる家庭教師派遣会社を選ぶ!

ここで紹介した高校受験の体験記にもあるように、家庭教師と子供との相性はとても重要な要素です。先生の教え方で理解できないというのは、相性が悪いからなのかもしれません。

例えば学校の先生と生徒にも、相性があると思います。「あの先生の授業わかりにくい・・・。」学校で授業を受けている時感じたこの感覚こそが、相性が合わないということ!

家庭教師でもその問題がありますので、安心のため無料で解約や交代ができるかどうか、家庭教師派遣会社に依頼する時は確認しておきましょう。

記事の一覧表