ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

家庭教師を勉強嫌いの子供につけるには?

勉強嫌いの子供に家庭教師をつけるには、一筋縄ではいきません。しっかりと勉強してもらうために、家庭教師をつけるポイントをご紹介します。

家庭教師を勉強嫌いの子供につけるには?

公立高校の試験科目高校受験に備えて家庭教師をお願いしようと思っても、子供が勉強嫌いだったら素直に授業を受けてくれないかもしれません。
本人にやる気がなければ、成績のアップは望めませんよね。では、そんな勉強嫌いの子供に家庭教師をお願いするにはどうしたらいいのでしょうか?
子供のやる気が出るまで待とう、なんて悠長な事を言っていては受験に出遅れて失敗してしまうかも。そうならないためにも、早いうちから家庭教師をお願いして、勉強嫌いも直しておきたいところですね。では、勉強嫌いの子にはどう対応したらいいのでしょうか?ここで、勉強嫌いの子供に対してのポイントをまとめてみました。
下記のポイントを元に、勉強嫌いの子でも学べる家庭教師をつけてあげてください。

勉強の意義を本人に納得させる

勉強嫌いな子供に多い傾向として、自分が勉強をする意義を腑に落ちさせていない、ということがあります。なぜ勉強をしなければいけないのかを納得できていないのに、まわりから強制されるようではモチベーションも上がりませんからね。
そもそもの土台として、自分が勉強をする理由を見つけてあげるべきでしょう。そのためのキッカケとしては、受験で成功して望んだビジョンを達成しているひとに家庭教師をお願いすると良いですね。そういった成功した学生が目の前にいれば、「こうなれるんだ」という理想像を家庭教師から見つけることができるので、勉強嫌いが治るかもしれません。
いつまでも悩んでいるより、まずは家庭教師をお願いしてみたほうがいいですよ。

高校受験の成功体験はこちら

指導力のある講師の授業をうけさせる

勉強嫌いの子に対して、あまり上手くない家庭教師を付けてしまうと、よけい勉強嫌いが悪化してしまうかもしれません。教えるスキルが低い家庭教師だと、言ってる内容が理解しづらく、分からない事が多くなって嫌になってしまいますからね。
無名の学生の家庭教師などでは当たり外れが大きいので、外れを引く可能性を考えると、勉強嫌いの子には余計おすすめできません。後述する理由から、学生の家庭教師もオススメではありますが、勉強嫌いを悪化させないためにも、しっかりとした大学の家庭教師を選びたいところ。

>>東大家庭教師を派遣してもらうには?

歳が近い家庭教師がおすすめ

思春期の子供は、大人に敵愾心を抱くことも多いです。そのため見知らぬ大人を家庭教師として呼ぶことにはリスクがあります。ではどうすればいいのかというと、学生の家庭教師を呼ぶという手があります。
学生であれば年の近い兄貴分的な感じで接することもできますし、家庭教師側も子供の悩みを理解しやすいですからね。勉強嫌いな子供の気持ちも、世代が近い分理解して、それを打開する話もしてくれやすいです。とはいえ若すぎると、家庭教師としての実力も不安になります。打ち解けたとしても、指導力が無ければ勉強嫌いに逆戻りするかもしれません。
ですので、学生の家庭教師を選ぶなら、ある程度学歴でのフィルターなどはかけたほうが良いでしょう。

有名家庭教師センターの徹底調査レポート

記事の一覧表