ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

定員割れをしていると言っても高校受験は油断禁物

高校受験は定員割れでも油断してはいけない

高校受験では、願書提出の状況が新聞などで公表されます。その願書提出の状況を見た上で、都道府県によっては願書を変更して提出し直すこともあります。その願書提出の状況を確認すると、倍率が高い高校も数多くありますが、定員割れをしている高校もあります。

生徒も親も志望している高校が定員割れであることを知ると、つい油断してしまいがちです。勉強しなくても合格するに違いないと思ったり、勉強する気が失せてしまう生徒もいるようです。

しかし、それは全くの間違いなのです。定員割れだからと言って、その志望高校が受験生を全員合格させると約束した訳ではないのです。不合格になってしまうこともあるのです。勉強しなくても合格できるわけでは、決してありません。

そのことをしっかりと認識した上でモチベーションを保ち、志望している高校が定員割れしていてもしていなくても、今までと変わらず高校受験のための勉強を頑張っていくようにしましょう。

高校受験は定員割れの高校でも不合格になることはあるのであなどらない方がいい

高校受験の願書提出により志望高校が定員割れだったことを知った場合も、油断をしてはいけません。定員割れであっても不合格者が出る場合があるので、あなどらない方がいいのです。当日の試験が合格判定の大半を占める高校では、特にその傾向が強いです。

例えば偏差値50以上の高校の場合、定員割れであっても、その高校を受験した年の都道府県の平均点を下回れば不合格にするという高校もあります。また上位の学校の場合は、全科目50点以上でなければ不合格とする高校もあるのです。

このように倍率が1倍を下回っていたからと言って、あなどってはいけません。倍率は高くても低くても関係なく、しっかりと今まで通りの勉強をしていくようにしましょう。

記事の一覧表