ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

歴史年表の知識をしっかりつけ自信を持って高校受験を

年表暗記は重要なところほど確実に覚えよう

社会科の高校受験で重要なポイントは、年表の暗記です。年表の暗記と言っても、ただやみくもに暗記することはあまり意味がありません。

まずは歴史全体の流れを掴んだ上で、どのような出来事がどのような順番でいつ起こったのか、それを整理するために年表を用いるのです。ですから、歴史上の出来事のあまり細かな部分まで年数を暗記する必要はありません。あまりに細かい年号まで暗記しようとすると、かえって歴史全体の流れを理解する上での妨げとなってしまう場合もありますから注意が必要です。

特に高校受験の段階では歴史的に主要な出来事が主に取り上げられ、それが知識として定着しているかどうかが問われますので、重要なところほど確実に覚えておく必要があるでしょう。年号を暗記することは確かに大変なことではありますが、一旦覚えてしまえば、その知識は大学受験にも活かすことができます。

そして歴史を理解するということは、様々な国の様々な文化を理解する上でもとても重要です。今後の人生の財産にもなりますよ。

暗記問題は練習問題と合わせて定着させるのが攻略の近道

年表の年号を暗記するのは、確かに骨の折れる作業です。色々な語呂合わせを試してみたり、今までも様々な工夫がなされてきました。

しかし年号だけを機械的に覚えていくのは、難しい上に効率もそう高いものではありません。暗記問題を攻略するコツは、練習問題との組み合わせで勉強することです。練習問題を数多くこなす中で、次第に正確な年号が暗記されていきます。

練習問題で間違えることが、高校受験の本番で間違えることを避けることに繋がるのです。練習問題で何度間違えても構わないのです。むしろ間違える方が本番での成功を確実なものにすると考えた方が良いでしょう。

また歴史の問題は、まず歴史の大まかな流れを理解することが肝心です。大きな流れが理解できていれば年表を「眺める」のではなく「読む」ことができるようになり、その年号も自然と頭の中に定着するものと思います。

記事の一覧表