ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

部活動を行っている生徒が高校受験のためにできること

高校受験をするからと部活動を疎かにするのは落とし穴

高校受験をするからといって、部活動を疎かにしてしまう生徒がいます。しかし、これはあまり良くない行動なのです。

部活動をしっかりと行うことはとても大切です。それらの活動は全て顧問の先生などが見ていますし、チェックもされています。また、内申書などにも書かれる事柄なのです。

内申書はその生徒が優れているか、やる気があるかなども伝える場合があります。先生たちにとって良い生徒は、より良い学校を受験出来るようになっているのです。

そのため部活動を疎かにしている生徒はやる気がないとみなされてしまい、高校受験をする時、自分が希望する学校を受けられなくなる可能性もあるので注意が必要です。

また高校によっては成績と同様に部活動を行っていたか、どれぐらい熱心に行っていたかを合格基準にする場合もあります。疎かにしていた生徒は、高校に入ってからもやる気がないだろうとみなされてしまうことがあるので、注意が必要なのです。

部活動を熱心にすることで内申点への評価は上がるため力を入れると良い

部活動を熱心にすることで、内申点への評価は上がります。それは体育系の活動であっても、文化系の活動であっても同様です。もしも出来るなら大会などで優勝したり記録を残したりすると、より評価は上がることでしょう。

高校受験をする場合、中学3年生の夏休み前に体育系は引退します。文化系は文化祭終了後の秋に引退です。しかし、それまでの間、熱心に活動を行うことで内申書の評価も上がりますし先生からの評価も上がるため、希望する高校を受験できる可能性が高くなっていくのです。もちろん、合格する確率も高くなります。

高校受験をするからといって、部活動を疎かにしてはいけません。内申書に大きな影響を与えることを念頭に置き、しっかりと活動するようにしましょう。

記事の一覧表