ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

高校受験での作文対策のために今からできること

作文は配点結果が左右しやすいので得意分野にしておこう

教科ごとの得点については、それまでの模擬試験の結果などからだいたい推測ができるかもしれません。しかし作文については、その日の出題や採点者にも左右される可能性があり、不安を抱えている人は多いのではないでしょうか。

高校受験に出題される作文については、そこまで神経質になる必要はありません。例えば、小論文のように考え方や論理的かということなどはあまり重視されないのです。

むしろ個性が出しやすい形態と言えます。しかし高校生になる上で必要な最低限度の文章記述能力、ルールを守って記載するということができているかということが見られていますので、そういった点はきちんと押さえていきましょう。一度、原稿用紙の使い方を確かめておくと良いでしょう。

作文を早い段階で得意分野にしておけば、直前期には高校受験に必要な他の科目の勉強に時間を割くことができるというメリットもありますので、中学入学時から徐々に作文の力を磨いていくようにしましょう。

作文は自分の体験を踏まえて書くと点を取りやすい

高校受験の作文の試験でまず減点されやすいところというと、原稿用紙の使い方が挙げられます。段落を変える時には一字下げる、句読点の使い方、カギカッコの使い方など基本的な部分はきちんと押さえましょう。

また、中学生に多いのが文体を混ぜて使ってしまうことです。「だ・である」といった常体と「です・ます」の敬体のどちらを使っても良いですが、一つの作文の中ではどちらか一方を使用するようにします。混ぜてしまうと減点になるので注意しましょう。こういった形式面は採点者が誰であっても減点されてしまいます。

また一般的な考え方としてではなく、自分自身の考えや身近な例を取り上げて述べるのもテクニックの1つです。自分のことであれば、内容的に「間違い」とされることは少ないからです。こういったテクニックも覚えておくと良いでしょう。

>>受験における作文の攻略法とは?

記事の一覧表