ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

面接対策をしっかり行うことで高校受験に自信を

高校受験の面接は侮ってはいけない

面接中学2年生の後半あたりから、多くの人は高校受験を気にし始めます。恐らくほとんどの人は受験で失敗することはないでしょう。ただし、これは高校ならどこでもいいという場合です。

みなさんが悩んでいるのは、自分は志望校に合格するのだろうかというところだと思います。高校受験で悩むというのはそこがポイントです。志望校に合格するためには当然、筆記試験で高い点数をとり、学校の授業態度や定期テストで良い結果を残すことが志望校合格への大前提です。

しかし筆記試験はみんな頑張りますから、試験ではみんな同じくらいの点数をとります。そこで大切になってくるのが、面接です。普段の学校生活での態度や何気ないクセなどが面接試験の時に出るものです。なぜなら試験を受けている時は緊張するからです。

しかも、志望校の先生が試験官をやっています。緊張はマックスになります。高校受験ではだいたい同じ学力レベルの人が同じ高校を受け、点数も同じような点数になりますから、面接で決まるということが大いにあります。面接を侮ってはいけません。

面接での志望動機を具体的に自分の言葉で話せるようにしておくと良い

先ほど面接を侮ってはいけないと書きました。では、どのような姿勢で望むべきでしょうか。試験官は何人もの解答を聞いています。10分や15分で受験者の本質を見抜けるということはありません。

ですから、まずは礼儀作法をしっかりするというところです。そして、ある程度は模範解答のようになっても構いませんので、しっかりと質問に答えることが大切です。

そして高校受験の面接で一番大切なことは、その高校に入学して何をやりたいのかというところです。志望動機はしっかりと答えられるように日頃から志望校の研究をして、答えられるようにしておきましょう。

高校は義務教育ではありませんので、この志望動機を明確に答えられるということが高校受験成功のポイントになります。

記事の一覧表