ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

漢字書き取り対策をしっかり行い高校受験に自信を

漢字の書き取り問題は丁寧に書くことが必要

高校受験では国語の試験問題の中で、漢字の書き取り問題が出題されることがとても多いです。その場合、丁寧に書くことがとても大切なのです。小学校の頃から数多くの漢字を学び、書き取りもしています。

その際、書き順やはね、止めなどを教えられますが、それらをしっかりと覚えている人はなかなかいません。全てを記憶することは難しいかもしれませんが、高校受験の試験問題に出てくる漢字は、はねや止めをきちんと覚えておくようにしましょう。

丁寧な字で書かなければ、バツになってしまうこともあるためです。はねがない、止めていないなどの理由でバツにされることもあります。せっかく漢字を覚えていて書くことができても、バツになってしまったのでは意味がありません。

しっかりと書き取りの練習をして、はねや止めなどを覚えておくようにしましょう。試験では、小学校から中学校にかけて教えられたものが出てきます。高校受験の試験で、丁寧に書いて答えるようにしましょう。

書き取り問題で読み取れない場合はバツになることがあるので丁寧に

高校受験の試験を受ける際、漢字の書き取り問題には注意が必要です。覚えている漢字をただ書けばいいという訳ではありません。雑な書き方をして読み取れなかった場合、バツになってしまうこともあるのです。

丁寧にキレイな字で書くことが何よりも大切です。また、はねや止めなど、しっかりと確認しておくようにしましょう。あやふやな書き方の漢字は、高校受験の直前にでもいいので確認しておいた方が良いです。

曖昧にしか覚えていない場合、記憶が定かではないためどうしても雑な書き方になってしまいます。読み取れない場合はバツになってしまうのです。自信をもって丁寧な字で書くことができるように、練習しましょう。高校受験の書き取り問題では、丁寧に書くことがとても大切なのです。

>>受験を控える子どもがいる親の心得とは?

記事の一覧表