ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

漢検を受けていることは高校受験で有利になるのか

漢検はとっておいて損をすることはない

高校受験において、受験と関係のない資格を保有するというのは一見すると無駄のように思えます。例えば漢検の級保持者になった場合、受験にどのような影響を与えるのでしょうか。

しかし漢字検定が受験にどのようなメリットを与えるのかといった考え方を持つよりも、長い目で見た時に漢字をよく知っているという力は役に立ちます。目先のことで考えてしまうよりも長い目で考えましょう。

受験が終わっても人生は続きます。高校受験において漢検を取得しておくと、幅広いことにアンテナを張っている意欲的な人だと判断されるのではないでしょうか。

また一般教養として漢字を多く知っているというのは、受験する高校側にとっては意欲的な生徒が入学してくれるということで歓迎されるのではないでしょうか。そういった意味では高校受験において漢検を保有しておくというのは損はしません。

自分自身の幅を広げることができる良い機会だと思うことがいいのではないでしょうか。

漢検の資格を取得していると勉強への自主性を評価してもらえる

「高校受験に成功したいから、無駄だと思うものは切り捨てる」といった考え方では受験は成功しません。受験は人間としてのトータルの力を評価されます。

ですから漢検を保有しているということは試験官側からみれば、勉強への意欲や自主性を感じられる生徒なのではと感じます。そう思われただけでも、あなたは人とは違い、いい意味で目立っています。

高校は義務教育ではありませんから、勉強に対しての自主性が重んじられます。そういった時に漢検を保有しているというのは自主性の高い生徒、あるいは受験が終わっても継続的に勉強を続けられる生徒だと相手側は判断するのではないでしょうか。高校受験は人としての総合力が勝敗を分けるということを覚えていてください。

記事の一覧表