ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

しっかりと国語力をつけることで高校受験に自信を

国語の文章問題の解き方は文章を記号と捉えることがカギ

高校受験のために国語を勉強する時、漢字や語句なども大切ですが、やはり文章問題が何よりも重要になってきます。文章問題は、試験で大きな得点を占めるためです。色々な文章問題を解いて練習することが大切ですが、その際、文章を記号と捉えて解くようにすることがカギなのです。

文章をただ読むだけでは、なかなか問題は解くことができません。しかし文章を記号として捉えることで、解けるようになるのです。文章というものは、品詞の集合体です。様々な品詞が集まっているので、それらがどのように配置されているのか確認します。

また主語、述語、目的語などもチェックすると、記号として捉えることが出来るようになるのです。例えば「この主人公の台詞の中でアレとは何を指しているのでしょう?」という高校受験のテスト問題の場合、そのセリフの前後の文章をチェックします。そして、その中から目的語を探し出せば、それが答えとなります。国語の文章問題の解き方は、文章を記号と捉えることがカギなのです。

文章問題は感情的に読まずに接続詞に気をつけて読み解くべき

高校受験のための国語を勉強する時、文章問題の解き方には注意が必要です。感情的に読まずに、文章を記号として捉えるようにしましょう。文章は品詞が集まってできたものですが、その中でも接続詞に気をつけて読むことが大切です。

「だから」という接続詞の場合は、その前に理由が説明されたという記号です。他に「しかし」という接続詞の場合は、これから話が転換するという記号なのです。

高校受験の国語の文章問題において、感情的に読むと解くことが難しくなってしまいます。文章の1つ1つが記号だと考え、考えていくようにしましょう。品詞である接続詞、主語、述語など色々な記号がたくさん出てきます。それらの関係や意味することをしっかりとおさえて勉強することが大切なのです。

記事の一覧表