ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

きちんと数学力をつけることで高校受験に自信を

数学の問題は公式や定理を把握しておくことがカギ

高校受験のために数学を勉強する時、問題集ばかりを何度もくり返してしまうことがあります。しかし、それでは基本がおさえられていないため、身につかないことになってしまいます。

まずは、公式や定理を把握しておくことが何よりも大切なカギなのです。公式や定理をしっかりと整理をして、把握しておくようにしましょう。参考書や教科書などをめくって見ているだけでは、なかなか頭には入りません。

中学校3年間の数学で出てくる公式や定理は意外と数多くあります。それらをしっかりと頭に入れる必要があるのですが、見ているだけでは覚えづらいものがあるのです。

全ての公式と定理をノートなどに書き出してみるようにしましょう。自分で分かりやすいように整理し、書き出していきます。その上で、1つ1つ覚えているかどうかをチェックします。覚えているものは良いですが、覚えていないものはしっかりとチェックし頭に入れるようにします。

高校受験の数学において、まずは公式や定理を把握しておくことが大切なのです。

数学の公式や定理は整理しておいて受験直前に改めて記憶しておくことが大事

高校受験のための数学では、公式や定理を把握することが大切です。ノートなどに書き出すことで整理し、頭にしっかりと入れるようにしましょう。そうして頭に入れた上で、問題集などに取り組むようにします。問題を解くためには公式や定理が必ず必要となるのです。これらを頭に入れることで、問題も解きやすくなります。

また高校受験直前の時期になったら、改めて記憶しておくようにしましょう。公式や定理を書きだしたものを取り出し、覚えているかどうかの確認を行うようにします。意外と忘れているものが多いかもしれません。その時はもう一度、しっかりと頭に入れるようにしましょう。

数学の問題を解く上で、公式や定理はとても大切なものなのです。

記事の一覧表