ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

全国模試を受けて高校受験での自分のレベルを知ろう

全国模試の結果を真摯に受け止めて志望校選びに活かそう

現在日本では、高校進学率が95%になっています。高校受験の際に志望校を設定しなければ、誰でも合格することができます。しかし志望校があり、志望校合格を目標にするならば話は違います。

志望校合格のためには日々の受験勉強はもちろんですが、高校受験では中学校の授業態度や内申書、定期テストの結果も重要視されます。中学校での成績が良くても、高校受験者の中での自分の位置を知ることはできないので、全国模試というのが大切になってきます。

全国模試により自分と同じ学力レベルの人がどの位置にいるのか、全体としてどれくらいの学力レベルにあるのかということを知るためには模試の活用というのは大切になってきます。

自分の学力レベルを全国模試で把握し、過去問で過去の出題傾向を掴みながら効率良く受験勉強をするということが志望校合格のために必要になってきます。みなさんも1度しかない高校受験に成功して夢を掴みましょう。

全国模試は時間の使い方や間違いの傾向を自覚するのにいい材料である

みなさんは全国模試を受けて、結果にばかり着目していませんか。模試で大切なことは、高校受験の本番での時間配分や雰囲気などを疑似体験できるというところにあります。また模試を受けるということは、受験本番までまだ時間があるということです。

模試でできなかった問題、解くのに苦労した問題があればあるほど模試がためになったということです。このように全国模試を受けることで今の自分に足りないところはどこなのか、どのような傾向の問題に苦手意識を感じているのかということを把握することができます。

A判定だったD判定だったというような結果よりも、自分自身がどのような傾向の問題に弱いのか把握するのが重要です。高校受験成功のための模試の活用の仕方に注意しましょう。

記事の一覧表