ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

一週間を有効に使うことで高校受験に自信を

高校受験一週間前は暗記や過去問に時間を使おう

大抵の公立中学生が初めて受ける高校受験は、何をどういつ頃から準備しておけばいいか分からないものです。学校の先生は「日頃の授業をきちんとしておけば、中学3年になっても慌てることはない」と言います。

そして子供によって日頃からコツコツ勉強できる持久型タイプと、ここぞという時に力を発揮する瞬発力タイプがあり、子供の性格によっても変わってきます。しかし塾の先生や著名な受験の神様のような人はいつ、どの段階でどのような問題を解けば効果的なのかを知っています。

そしてその中の1つに受験一週間前は暗記や過去問を解く、ということが挙げられます。受験の直前は応用問題には手を出さずに暗記ものをしておくと達成感があり、自信を持って受験に臨むことができます。

高校受験一週間前に下手に難しい応用問題を解こうとし、それが解ければいいのですが、解けなければせっかくついた自信がなくなり受験当日まで引きずってしまうと解ける問題も解けなくなってしまいます。

受験直前は新しいことをするよりも暗記や過去問練習で知識を蓄えよう

高校受験直前は初めてのことで何かと不安にもなりがちです。そんな時に頼りになるのは家族であり友達です。家族は普段と変わらない態度で受験生に接することが必要です。

温かく栄養のあるご飯を食べさせ、睡眠時間をコントロールし、体調を整えるように心掛けましょう。中学校でもいつもと変わらない生活であることが必要です。受験一週間前はこのように勉強でも何でも、新しいことをするよりも暗記や過去問を解いて知識を蓄えることが成功の秘訣です。

受験前日は特に重要ですが、間違っても応用問題には手を出さないことが肝心です。問題を解くこともあまり感心しないくらいです。社会資料集や地図帳、国語便覧などを眺めて早く寝ることが合格への道と言えるでしょう。

記事の一覧表