ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

過去問で力をつけて高校受験に自信を

過去問は研究して解いておくに越したことはない

過去問高校受験の問題は全て高校によって違うので、行きたい高校を決めたらその高校の過去問をしっかりと解いておくべきなのです。過去問に出題傾向が現れているのでとにかく過去問を分析し、どういった問題がよく高校受験に出ているのかを把握しておかなくてはなりません。

そうしないと、的外れな問題ばかり解いていても試験には出ないので合格はできません。受験校の過去問を何度も解いて出題傾向が分かってきたら、その分野の問題を重点的に解いておくべきなのです。

しかし、そればかりを解いていても出ない可能性もあるのでよく出ている問題は必ずできるようにし、それからそれ以外の問題に取り掛かるのです。他の問題もできるようになっておかないと、出た時に全く解けなかったら大変です。

なので、よく出る問題を重点的に練習し、あとはまんべんなくできるように勉強をするべきなのです。今まで出ていない問題でも出る可能性はあるので、必ず一通りはできるようにしておかなければならないのです。

志望校の過去問は最低限3年分は研究して出題傾向は押えておくと良い

高校受験の問題はたいてい傾向があるので、志望校が決まればすぐにその高校の過去問を解いておくべきなのです。過去問には出題傾向があり、その学校がいつも出してくる問題や分野があるのです。

それを分析して把握しておかないと問題は解けません。なので過去問に出た問題の分野は必ずできるようにし、それ以外の分野もまんべんなくできるようになっておかなければなりません。もしかしたら出題傾向が変わる可能性もあるのです。

その時に困らないように今までの問題は十分にできるようになっておいて、あとは自分が苦手だったり出そうだなと思うような分野の問題をまんべんなくできるようになっておくべきなのです。とにかく苦手分野を作らないことが大切なのです。

記事の一覧表