ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

高校受験のためにどんな問題にもチャレンジを

問題と時間の使い方は試験前に計画しておくとよい

高校受験で合格するためには、試験問題を解く際の時間の使い方を試験前に計画しておく必要があります。一般的に高校の受験では、1教科の試験時間は50分程度です。この時間をどのように使うかを、しっかりと計画しておくようにしましょう。

それも教科ごとによって時間配分を決めておくと、効率良く進めることができます。また、その時間の使い方は受験生によって異なってきます。例えば英語の試験の場合、長文読解が苦手な人は、まず解きやすい英作文などから始めます。

最初から苦手な長文読解にかかってしまうと、それだけで終わってしまう可能性があるためです。また国語の古典が苦手な人の場合は、得意な現代文から始めるようにします。

その他、ミスが少ない人の場合は見直しの時間を短時間にすることができますが、ミスが多い人の場合は見直しの時間をしっかりと確保する必要があるでしょう。このように人によっても教科によっても異なってきますが、高校受験では問題と時間の使い方を試験前に計画しておくことが大切です。

1つのわからない問題で詰まるより、わかる問題を1つでも多く解こう

高校受験を受ける際、問題と時間の使い方はとても大切です。事前によく考えて、自分なりの時間の使い方を計画しておくようにしましょう。また大切なことは、わかる問題や得意な分野から解いていくということです。

苦手な問題や苦手な分野からとりかかってしまうと、それだけで時間が過ぎていってしまったり詰まったりしてしまいます。まずは解きやすいものから解いて、必ず正解しておくようにしましょう。

その上で、苦手な問題にとりかかることが大切なのです。また見直しの時間などが必要な場合は、しっかりと確保しておくようにしましょう。高校受験は時間配分を上手くできる人の方がより有利になります。そのためには、しっかりと事前に計画をしておくようにしましょう。

記事の一覧表