ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

高校受験で内申点を上げるために何ができるか

内申点を稼ぐには副教科に注目しよう

高校受験において内申点を稼ぐ場合、英語や数学などの5教科を上げるよりも副教科に注目すると上げることができます。なぜなら副教科は当日のテスト科目に含まれていないため、成績に上乗せされるためです。英語、数学、国語、理科、社会などよりも数パーセント上げられる仕組みになっています。

そのため他の5教科が優れていなくても、副教科の成績が良ければ全体の内申点を上げることができるのです。高校受験において内申書が大きな割合を占める都道府県の場合は、とても大切です。

内申点の計算は合計で計算されてしまうため、どの教科が優れているか優れていないかはチェックされません。そのため副教科である音楽、体育、技術、家庭科、美術などでしっかりと良い成績を上げておくと有利に進めることができるのです。

副教科だからといって手を抜かず、副教科だからこそしっかりとテストも実技もこなして良い成績をとっていく必要があるでしょう。

軽視されがちな副教科を伸ばすと他の子と差がつく

高校受験の内申点を上げるためには、副教科はしっかりとおさえるべきポイントです。副教科であっても定期テストがあります。しっかりと教科書などを見て、勉強をするようにしましょう。

また、実技もしっかりと行うことが大切です。体育は見学したり休んでしまうと成績は低くなってしまいますので、注意しましょう。美術は授業中の態度がとても大切ですし、提出物も期限までに提出するようにします。家庭科や技術も提出物の期限とレポートなどの出来栄えが重視されます。

音楽は歌のテストやリコーダーの実技テストがある時は、事前にしっかり練習するようにしましょう。男子は特に家庭科のテストで良い点数をとると目立つことができるので、内申点が高くなる可能性があります。女子の場合は技術で頑張るようにしましょう。

>>それでも5教科が不安な人は家庭教師に頼ろう!

記事の一覧表