ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

推薦面接の対策をしっかり行い高校受験に備えよう

推薦面接は暗記した通りに話そうとしないほうが良い

高校受験を推薦入学で受験しようとする場合に、必ず推薦面接を受けなければなりません。では、推薦面接はどのように受けたら良いのでしょうか。

まず念頭に置かなければならないのは、面接を受ける受験生全体の人数のことです。試験官となる先生は朝から夕方まで、場合によっては100人近くに及ぶ大人数の面接をこなさなければならないという事実があります。

もう1つ考えなければならないのは、推薦面接によって受験者の何が評価されているのかということです。試験官の先生は、同じような質問に対して判で押したような答えしかしないような生徒については、それなりの評価しか下しません。

これから3年間におよび、高校生活に対して目の前にいる受験生がどのような言葉で意見を表明しようとするのか、その部分を見ようとしているのです。ですから推薦面接においては練習で暗記した通り話そうとする必要は全くありません。

もちろん礼儀正しくするなど、最低限のマナーは大事です。しかし、それ以外の部分では自分の言葉でちゃんと表現できるかどうかが問われるのです。それが推薦入学での高校受験に合格する上でのポイントです。

推薦面接では質問や自分なりの解釈などどう取り組むかを見られる

高校受験の推薦面接で問われるのは、面接官の与えた問いに対して受験生がどのようにそれを解釈し、どのように自分の言葉で自分の考えを表明できるかという部分です。誰かに教えられたような言葉をまるでCDを再生するかのように繰り返し答えていたのでは、受験者の個性や魅力を見出すことはできません。質問に対する答えが正しくなくても構いません。

重要なのは質問に対して真摯に答えようとしているかどうか、論理的に破たんせず自分の言葉や意見をきちんと伝えられているかどうかなのです。このためにも日頃から家族の人と色々な話題について、話し合っておくことがとても大事です。日頃、自分の考えを口に出して表現している人ほど面接では有利になると言えるでしょう。

記事の一覧表