ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

高校受験をするために必要な参考書の知識について

高校受験は参考書選びで勉強方法は決まる

高校受験は参考書選びによって、その勉強方法は変化します。しかし勉強方法と言っても元々個人個人によって異なるため、特定の方法が優れているという評価を出すことが不可能なものです。

従って参考書を選ぶことで勉強方法が変化しても、それが直接高校受験の合否に関わるかどうかというのは評価しにくいものです。とは言え高校受験で合格するポイントとして、勉強に対する意識を下げないようにするということはとても大切です。

多くの学生にとって勉強はつまらないもので、出来ればあまりやりたくないと考えるものです。そのような学生に対し参考書を買い与えることは、時に勉強のストレスを増加させ、やる気を無くす原因となりかねません。

確かに参考書を1冊でも仕上げると、周りの生徒よりは勉強ができるようになるかもしれません。しかし、それは予想以上に時間がかかると共に、途中で諦めてしまうことが多いという難点を持っています。

高校受験で合格するための近道は、地味と思うかもしれませんが日頃の授業と宿題、及び予習、復習をしっかりこなすことです。

勉強したくなる参考書や持ち運びできる参考書を選び受験勉強を身近なものに

では高校受験の参考書選びの時、選んではいけないものを説明しましょう。まず、なんといっても分厚いものを選ぶのはやめましょう。例え内容が素晴らしいものであったとしても、手をつけなければ意味がありません。特に分厚いものは、その見た目からも手をつけたがる学生は少なく、また手を付けたとしても最後までやりきる学生はほぼいないでしょう。

そのように中途半端になってしまうくらいなら、その日学校で習ったことを復習していた方がよほど実力が身に付きます。そして次に、難しいものを選ぶのもやめましょう。

難しい問題は学生のやる気を著しく低下させる原因になります。また難しい問題を少し解けるようになるよりも、基本的な問題を沢山解けるようになった方が、結果的には高得点に繋がります。

参考書を選ぶ際にはこのような点に気をつけて、その学生の勉強に対する意欲を低下させない身の丈に合った参考書を選ぶと良いでしょう。

>>参考書だけで不安なら家庭教師に学ぶ手段も

記事の一覧表