ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

高校受験に挑むために大切になってくる日程管理

高校受験の日程は詰めすぎず余裕を持って組むことが大事

高校受験の日程は詰め過ぎないのがポイントです。何故かと言えば日程を詰め過ぎると何かトラブルがあった時や、志望する高校が変わった時などに対応できないことがあるからです。

また強行スケジュールで組んでしまうと、物を覚えるはずがストレスで記憶力が落ちてしまったり、体調を崩したりと言ったマイナス要因が目立ってきます。高校受験は長丁場ですので、志望校に向けての備えは早めに行い家族など周囲の理解を得るようにしましょう。

周りの理解が得られればストレスが減り、勉強にも集中できるようになります。また、心の余裕は応用力と発想の豊かさをもたらします。試験の基礎がしっかりしていても応用問題や面接、作文と言った自己表現が上手くいかなければマイナスがついてしまいます。

自分を追い詰め過ぎず柔軟な発想を生み出す下地を作るには早めに準備を行い、何もせずに休む、あるいは遊ぶ時間を作るメリハリが大切です。十分な休養をとってこそ脳が活性化されるので、余裕を持って挑むことが受験には大切なのです。

高校受験日程中は解けなかった問題を見直したり過去問を見る時間を作ろう

高校受験日程中は、手間でも試験で解けなかった問題を見直したり過去問を見る時間を作ろう。簡単に解けてしまう問題はもう自分の中で簡単に答えが出るくらい覚えている、あるいは解き方がわかる問題です。

応用力を磨くには、過去にわからなかった問題を再度見直すことが重要です。解き方のヒントのようなものを見つけてしまえば、類似する問題も解けるようになります。

また過去問を見ることでその時々の傾向を読み、自分の苦手な部分とどの程度重なるか、得意な部分でどれだけ点数を稼げるかの目安になります。

ただやみくもに暗記するよりも苦手な部分が解けたという達成感、これは簡単だという感情が記憶に残り、自然と心に余裕を生み出していきます。覚えるのではなく記憶に残る、記憶に残す学習が重要であり、そのためにも時間の余裕が必要になると言えます。

>>時間を有効に使うためには家庭教師に教わる方法も!

記事の一覧表