ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

小論文に自信をつけて高校受験へ挑むために

小論文を受験で重視する学校が増えている

これまでのような知識偏重の教育に批判が集まっていることもあり、子供たちの個性をより大切にする教育というものに社会全体がシフトしてきています。しかし高校受験などの選抜試験では、何らかの基準がなければなりません。

そこでよく利用されるのが小論文です。これまで思ったことを書く「作文」は経験しているでしょうが、小論文ではそれだけではなく、求められたテーマに対して考えを展開し、説得力のある論文に仕上げる必要があります。

そのような多様な力を見る試験として、この形が適しているということでしょう。小論文に必要な力としては、文章を書く力の他に、ものの考え方やニュースなどの時事問題に対する理解力といったところも挙げられます。

そういったことは短期間で養うことは難しいので、早めに対策をとるようにしましょう。高校受験を考え始めたら、家族全員で新聞を読み感想を話し合うなどニュースに関する興味関心を深めるようにしていくと良いです。そこで考えていくことが小論文試験に役立つこととなります。

小論文で合格するにはコラムを読んだり文章を構成する練習をしておくと良い

高校受験に小論文を書かされると分かった時点で、新聞をきちんと読み込んでおくようにしましょう。特に一面にあるようなコラムを毎日読み続け、身体に文章のリズムを作っていくことが必要です。小論文では話し言葉は厳禁ですから、書き言葉を自然に出せるように毎日コラムに触れていきましょう。

また、構成の仕方もコラムで学ぶと良いです。短めのコラムは序論本論結論、あるいは起承転結などという形で構成されています。

小論文では三段落から四段落に分けて述べることが必要なので、この構成の形は非常に参考になります。毎日コラムに触れていき、そのような形に慣れていくことで実際に自分で書く時も適切な構成の仕方ができるようになります。

記事の一覧表