ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

高校受験対策として空間図形の練習を行っておく

空間図形の問題は感覚を養う必要がある

高校受験の数学と言っても、とてもレベルの高い問題が出題されます。数学の試験で出題される問題で、日頃から感覚を養わないと解答が難しい問題があります。それは空間図形です。当然試験ですから、この種の問題をたくさん解くというのは大切なことです。

体積と表面積を求める問題が多いです。また、球体の体積や表面積を求める問題もあります。これらの問題を解く場合には必ず公式を使いますので、しっかりと公式を覚えなくてはなりません。高校受験の数学と言えども、こういった暗記が必要です。

はじめは公式を見ながら、空間図形の数字を入れて問題を解く練習をしましょう。そして慣れてきたら何も見なくても問題を解けるようにしましょう。

こういった感覚は普段からの練習が必要です。空間図形の問題の感覚に慣れるようになるには時間がかかります。少しでも問題を多く解いて、公式をパッと思い浮かべて問題を解けるようにしていけることが、高校受験で良い結果を残せる秘訣です。

空間図形の問題は日々図形を把握するような訓練をしておくと良い

高校受験において図形問題は計算問題と同じく必ず出題されます。その中でも空間図形が出題されるかというのは分かりません。これは各都道府県の出題傾向を過去問から掴むしかありません。

ただ図形の展開図を元の図形に戻すような問題は、日頃から図形に接して図形の形を頭に入れて、試験の時にパッと想像できるようにならなければなりません。平面的に表されているものを空間図形に直すといった問題も出ます。

また空間図形では、体積や表面積を求める時に公式が必要になります。ですからしっかりと公式を覚えなくてはなりません。日頃からの練習が必要になります。高校受験は日頃からコツコツやっている人が勝ちます。日々のちょっとした時間に図形を思い浮かべてみてください。

記事の一覧表