ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

春休みをいかに有効に使うかで高校受験は変わる

受験前の春休みは自分の苦手分野の分析から始めよう

高校受験は、高校2年の春休みから始まっているのです。春休みにまずとりかかるのは、自分の苦手科目を無くすということです。

苦手科目や苦手分野があると、そこが高校受験に出てしまったらどうしても得点がとれません。高校受験では全ての分野がまんべんなくできていないといけないので、苦手分野を作ってはいけないのです。

なので、もし苦手なものがあったら早めに対処するべきなのです。特に得意分野は勉強しやすいので、そればかり勉強しがちですが、苦手分野こそ時間をかけて勉強するべきなのです。

まだ受験まで時間のある春休みから苦手分野の克服に取り掛かるべきです。そうしないと、どんどん苦手分野の勉強をしなくなり、どんどん分からなくなってしまうのです。なので、とにかく分からないところがあったら早めに対処していくことが重要なのです。

時間のある長い休みの時に徹底的に取り組んでおくと、後が楽なので春休みから取り組んでおくべきなのです。

春休みに自分の苦手を理解して足場を固めてから力を付けると良い

高校受験は春休みから始まっています。春休みにはとにかく高校1年から2年まで習ってきたことで、分からないところや苦手分野を一生懸命勉強して分からないところを無くしておくべきなのです。もし分からないところが出てきたら徹底的に分かるようになるまで勉強し、苦手分野を作らないようにしなければなりません。

中学3年の勉強は1年と2年の積み重ねがあって、その上に学ぶことなので1年と2年の時に基礎をきっちりと学んでいないと3年の勉強が分からなくなるのです。3年は応用なので基礎固めができていたら、たいていのことができるようになるのです。なので春休みに苦手分野を無くし、基礎を復習してから3年生になるとだいぶ勉強が楽になるのです。

記事の一覧表