ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

教材選びをしっかり行い自信を持って高校受験を

教材は難しすぎず簡単すぎず自分の使いやすいものを選ぼう

高校受験をする時、教材には様々なものがあります。参考書や問題集などたくさんあって、どれを選んだらいいのか迷ってまうこともあるでしょう。これらを選ぶことはとても大切なことです。

しっかりと自分に合ったものを選んでおかないと、受験勉強にも支障が出てきてしまいます。時間を有効に使うことができなくなるのです。例えば、自分のレベルに合っていない難しすぎる数学の問題集を、長い時間かけて解いていてもあまり効果は上がりません。

結局、理解できないこともありますし、理解できたとしても志望校のレベルより上であればあまり意味がないことになってしまうのです。また逆に、十分理解して簡単に解くことが出来る問題ばかり載っている数学の問題集を勉強しても、これも意味がないでしょう。

高校受験は時間を有効に使うことが大切です。しっかりと必要なポイントを押え、自分に合った教材を選んで勉強するようにしましょう。難しすぎても、簡単すぎてもいけません。自分のレベルに合った、使いやすいものを選ぶことが大切なのです。

内容が理解しにくい教材は使わなくなってしまうので使いやすいものを選ぶ

高校受験の際、教材選びは慎重に行う必要があります。簡単に解けてしまうものを選んでも意味がありませんし、また内容が難しすぎるものを選んでも、あまり意味はないのです。何故なら内容が理解しにくいものは使わなくなってしまったり、解けても高校受験する志望校のレベルと違うので意味がなかったりするためです。

必ず、自分のレベルに合った教材を選ぶようにしましょう。例えば英語が苦手な人が難解な上位の塾の参考書を見ても、理解は難しいです。参考書は読んでみて理解しやすいものを選ぶようにしましょう。

問題集は本屋で見ただけで解けるような簡単なものは避けるようにしましょう。また、1問も全く解けないような難解なものも避けることです。基本問題は7割解けることが出来て、応用問題は5割程度解けるようなものを選ぶようにしましょう。

>>参考書を効率良く活用して勉強しよう!

記事の一覧表