ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

高校受験のために自分に合った勉強法を知る

四六時中、机に向かっていることが勉強の全てではない

勉強法高校受験においては絶対的に、勉強時間が多い方が合格には有利だと言えるでしょう。だから勉強法としては長い時間机に向かっているのがいい、ということになるでしょうか。実は、答えは必ずしもイエスとは言えません。

つまり四六時中、机に向かっていることが勉強の全てではないということなのです。ただじっと机に向かって参考書や問題集とにらめっこしていても、時間が経つばかりで少しも頭に入っていない場合がよくあります。

これではかえって時間の無駄ですし、効率的とは言えません。勉強法として重要なのはいかに集中して勉強するかということなのです。短時間であっても集中することによって効率的に学習を進めることができますし、それが身体への負担を減らすことにも繋がります。

高校受験はほとんどの中学生が臨む、本格的な競争です。ですから勉強量が重要になってくるのですが、勉強量=時間と単純に考える必要はありません。そうではなく、勉強量=集中した勉強時間と考える必要があるのです。

隙間時間を使って暗記をしたりするのも効率良い勉強法です

高校受験にあたって、効率の良い勉強法とはどのようなものでしょうか。中学生は思ったよりも忙しい生活を送っています。部活や友達づきあいなど、学校生活の様々な部分で色々な生活を送っているものです。

ですから高校受験だからと言って四六時中、机に向かっているということを前提とするのではなく、中学生としての様々な生活場面の中でいかに勉強の要素を組み込んでいくかということが重要になってきます。

例えばちょっとした休み時間や移動の時間の時にはささっと簡単に暗記の勉強をしてみたり、ちょっとした本に目を通したり、様々な時間の工夫をすることで非常に効率の高い勉強をすることができるのです。短時間であれば集中力をとぎらせることなく一気に知識を得ることができるでしょう。

記事の一覧表