ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

夏休みを上手に利用して高校受験対策を行う

夏休みの勉強こそ高校受験の勝敗を分ける

高校受験で勝敗を分けるポイントは、筆記試験です。筆記試験が大きなウエイトを占めています。受験を制するためには、夏休みの長期休暇での過ごし方にかかっています。ここでしっかりと勉強する人と遊んでしまう人で大きな差が生まれてきます。

休みが終われば高校受験まであと半年となります。この夏休みでしっかりと基礎固めができるか否かで、その後の受験への取組みに大きな差が生まれます。2学期から受験の基礎を身につけようと考えても、学校の定期テストや課題もあるため、なかなか取り組むことは難しいです。

しかし、この長期の休み中ならば高校受験の基礎固めができる時間はたくさんあります。部活もなく、やることがないと思い最後の夏だからといって遊んでしまうと、2学期から大きな差となって表れます。

高校受験で志望校に合格するための一番の近道は、毎日コツコツと受験勉強をして苦手なところをなくすことです。そのため、夏休みの過ごし方はとても大切です。

長い夏休みを利用して普段できない基礎学習や練習問題に力を入れると良い

高校受験まで時間もあるし、最後の夏だからと言って夏休みに遊んでばかりいると大変なことになります。2学期からやろうとしても、学校の課題やテストに追われてやる時間はありません。

ですから、この休み期間中には基礎基本問題をしっかりやって、普段できない問題に取り組むといいです。1ヶ月間徹底的に基礎基本を固めてください。そして、2学期以降に高校受験の過去問などに取り組めるようにしておくと良いです。

受験は長期戦です。基礎基本を固めるこの夏休み期間中が大切ですから頑張ってください。勉強で一番習得が難しいのが基礎基本の問題です。これさえ抑えておけば、応用問題に取り組んだ時の理解のしやすさが違います。夏休みの過ごし方を大切にして高校受験に挑んでください。

記事の一覧表