ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

高校受験で世界史が有利になる理由とは何か

世界史は暗記だけでなく流れや関係を理解する

高校受験においての世界史は、それほど詳細に出ることはありません。なので世界史で大事な年号の暗記に力を入れるよりも、その流れを理解することに重点を置くほうがいいです。

一種の物語だと思って、まずは子供用の絵本などである世界の歴史の流れを掴みましょう。国ができてそれが滅ぶまでには、一定の決まった流れがあるものです。全ては繋がっていて、流れさえ掴めば頭の中で地域や年代の差で混乱することはありません。

それから高校受験に大事な年号などを覚えるために一番リラックスし、しかも暇なトイレの壁を利用しましょう。年号を一覧などにして紙に書きます。それをトイレの壁に貼っておくのですね。ボーっとしている時に何度も目にする数字、それは頭の中に残ります。

ぶつぶつ声に出して言うのもポイントです。しばらく見ていると、完全に覚えてしまいますので是非やってみましょう。年号を自分の覚えやすい記号に変えてみるのも、やってみるといいかもしれません。

世界史は出来事の流れや世界情勢を理解しておくと、より知識として定着する

高校受験で出る世界史は大雑把な流れを理解すべきところと、細かい出来事全てを覚えなければならないところが混在しています。細かいところは置いておいて、まずは教科書を一気に読むなどして歴史の流れを掴むことです。それから細かいところの理解に入りましょう。地名や年号は覚えるしかないので書き出して声に出して読み、何度も繰り返します。

人物の登場順などは紙に書き出してみて、トイレの壁などに貼るといいでしょう。流れを掴む上で、国が違えば年代が違うこともよくありますので、それを混乱させないように年代表などを利用することも大事です。そうすれば、ここの国では既に武器を使って戦争しているのにこちらの国ではまだやっと食器などが出来たのか、などということもわかるようになります。

記事の一覧表