ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

冬休みを有効に使うことで高校受験に備えよう

高校受験前の冬休みはまんべんなく学習することが大事

高校受験の際、志望校を決める2学期が終了すると冬休みに入ります。初めてのことなので、どのように学習すれば良いのか悩んでしまうこともあるでしょう。

大事なことは、まんべんなく学習することです。高校受験の勉強は大半の場合、英語、数学、社会、理科、国語の5教科です。それに小論文が入ってくることもあります。これらの教科で中学校で習った3年間分の中から、受験当日のテストに出題されます。

どのような問題が出るかは、公立の場合は都道府県、私立の場合は高校によって様々ですが傾向は毎年変わることもあります。そのため、全ての教科をまんべんなく勉強する必要があるのです。

また少なくとも冬休みに入るまでには、弱点克服は終っておくようにしましょう。弱点克服をしっかりと行った上で、全体の勉強に入る必要性があります。冬休みは2週間程ですが、意外と時間がありません。どのような勉強の仕方をするのか計画をして、しっかりと勉強を行うようにしましょう。

受験直前の冬休みは弱点克服を終わらせて1教科1冊の問題集をしたら良い

高校受験前の冬休みは満遍なく学習することが大事ですが、方法としては1教科に対して1冊の問題集をくり返し解いていくようにしましょう。もちろん、弱点克服は休み前までに終わらせていることが大前提です。

その上で、全体の勉強を行っていきます。志望校のレベルに合わせた問題集を1教科ずつ用意して、くり返し解いていきます。間違えたり、分からなかった問題はくり返し解くようにしましょう。

解いただけで満足してはいけません。解いて日を置いてからもう一度チャレンジした時、理解して解くことが出来たなら完成なのです。解答を見てすぐに解くことはしないようにしましょう。必ず時間を置いてからくり返し解くことが大切なのです。注意するようにしましょう。

記事の一覧表