ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

筆記用具をしっかり準備し高校受験に自信を

高校受験の筆記用具は落としてもいいように多めに持参しよう

高校受験の時、筆記用具を持っていくのは当然のことです。しかし、落としてしまうこともあるのです。

テスト中に落としてしまった場合、手をあげれば監督の先生が拾ってくれるかもしれませんが、時間的には待っていることも惜しいでしょう。それに、落とした筆記用具を拾ってもらうことに、慌てたり焦ってしまうことも考えられます。そのためにも、筆記用具は多めに持っていった方が良いのです。

また、シャープペンシルなどは芯が出てこなくなることが多々あります。使い慣れているシャープペンシルを使うことは良いのですが、替えの物も持っていくようにしましょう。鉛筆も代用出来るように、何本か持っていった方が無難です。消しゴムも落としてしまうことが多いため、3つ程度は持っていくようにしましょう。その他、定規やコンパスなどを持ってくるように言われている場合は、2つずつ持っていくようにしましょう。

高校受験で使う筆記用具は、なるべく多めに持っていくことが大切なのです。

筆記用具は入試要項に沿ったものを多少多めに用意しておくことが大事

高校受験の時、筆記用具は多少多めに用意しておくことが大切です。落としても構わないように、多めに用意するようにしましょう。但し、その際に注意が必要なのは入試要項です。入試要項には持参しても良い筆記用具が記されてあります。

また、持ってくるよう指示されている場合もあります。それらをしっかりと熟読して、持参するようにしましょう。

高校受験の当日、机の上に筆箱から筆記用具を全て出して並べるように指示されます。入試要項に沿っていないものを持ち込んでいないか、監督の先生が生徒一人ひとりの持ち物をチェックしていくのです。間違って持ち込んでしまった場合でも、指摘されれば動揺してしまうはずです。入試要項に記載されている持ち物は、しっかりと確認しておくようにしましょう。

>>試験中のパニック対策をプロに教えてもらう

記事の一覧表