ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

学力テストと内申点の関係性

ここでは、高校受験の合否判定における内申点の重要度について解説しています。・内申点とはそもそも何なのか?・公立高校と私立高校の内申点の重要度の違いは?・実は公開されている内申点・・・などなど。中学生のお子様がいる親御さん向けに、内申点に関する知っておくべき基礎知識を、紹介します!

受験と内申点の関係性

重要なのは内申書内申点は、中学から受験先の高校に送られる調査書類のことです。中学校では、9教科の成績を5段階の評価で表します。

ざっくりいうと、学期末ごとに渡される通信簿の段階評価の合計の平均がこの内申点ということになります。

オール5だと、9×5=45点がその学期の内申点であり、さらに学期ごとの内申点を平均して学年内申点が計算されます。

内申点獲得には受験科目以外の成績も重要!

内申点は、国語・算数・理科・社会・英語といった学力テストに欠かせない5科目以外にも、美術、技術家庭科、保健体育、音楽、これら4科目の評価も影響します。

さらに、これら教科の評価とは別に、生徒会や学級委員を務めたり、普段の素行などの評価も加わりますので、実際には、もっと複雑な計算になるのです。

高校受験における内申点の重要度は?

高校受験における内申点の比重は、難易度の高い学校は低く、難易度が下がるにつれ比重が上がっていく傾向があります。もちろん学校によっては例外もありますが、進学校ほど学力テストの結果のほうを重視するのです。

ただ、基本的に高校受験は、テストの得点+内申点で合否が判断されます。

公立高校と私立高校、内申点比重の違い

・公立高校の場合
公立高校の中でも進学校では、学力検査テストのほうを重視しており、内申点の比重は少ないといえます。ただし、同じ得点の生徒が並んだ場合は、内申点の高いほうが合格します。
・私立高校の場合
私立高校では、事前確約型入試というものがあります。いわゆる推薦枠などがそれに該当し、学校側が設定した内申点の合格ラインを満たすことで、入学することが確約されるというもの。このタイプの入試形態でも学力テストは一応行われますが、内申点が良ければほぼ合格は間違いありません。 ただ、一部の難関私立高校では、学力検査の結果重視で合格が決まるところもあります。(※オープン型入試のケース)そのような学校では、内申点の比重はが少ないのが特徴です。

内申書は頼めば情報開示が可能

昔と違って今の中学校の内申書は、保護者や生徒の要求で内容情報を開示してもらうことができます。学校によっては、内申書の写しを内容確認のため願書提出の前に配布されるところもあるそうです。

配布を行っていない学校で、「内申書を見せてくれといって、お子様の担任の先生からの印象が悪くなり、評価に悪影響があるのではないか?」と心配する人もいますが、担任の主観でお子様の内申点が悪くされることはありません。親御さんがお願いして、見せてもらうといいでしょう。

内申点確保のための定期テスト対策も重要!

このページの文頭でも書きましたが、高校受験はテストの得点+内申点で合否が判断されます。

志望校の内申点比重が少なくても、得点が低すぎては、テストでの得点の壁が高くなり合格が難しくなります。そのため普段の定期テストでも良い点をとったり、宿題をきちんと提出するなど、通信簿の評価を上げる努が必要です。

家庭教師学習では、普段の定期テスト専用の対策や宿題指導など、内申点確保に繋がる学習指導を行っています。

>>友の会で定期テスト対策も!

記事の一覧表