ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

高校受験直前の子供を持つ親の心得

高校受験直前は、お子様にとって最も不安や緊張感が高まる時期です。これまでの経験で数少ない「本番」が迫っているその時、親である自身は何をしてあげればいいのでしょうか?また、受験本番中の「頭真っ白パニック」を防ぐために予めできることとは?ここでは、受験を控えたお子様に対しての親の心構えや、緊張を和らげて自信をつけさせる方法についてお話しています。

高校受験直前!緊張感でピリピリ

高校受験直前の大きなプレッシャー中学3年生の1月あたりになると、そろそろ高校受験が迫ってくる時期です。この頃のお子様の心理状況は、とてつもなく大きな不安を抱えている状況だと思います。

どんなに学校のテストで志望校の合格ラインを余裕でクリアしていても、受験本番というのはお子様にとって初めてか数少ない経験のため、プレッシャーはとても大きいでしょう。

この時期に親御さんができることは、子供に自信を持たせることです。そのためには、「使ってはいけない言葉」と、「不安や緊張を和らげる言葉」を知っておく必要があります。

入試前の子供に使ってはいけない言葉

・否定形の言葉
否定する感じの言葉は、投げかけないように気をつけてください。 例えば、模試などのテストの成績を見て、「もっとがんばらないと・・・」といったような言葉です。お子様からすると、精一杯やってるのに結果が伴わないことに対して焦りを覚え、プレッシャーが増してしまいます。
・プレッシャーを与える言葉
兄弟と成績を比べるというのは、良く聞く話だと思います。 志望校合格に合格して進学している兄を引き合いに出し、弟に「お兄さんも受かったんだから頑張れ」というような言葉を投げかけるのは、プレッシャーをかけるだけです。 親としては競争心を駆り立てようとしているのかもしれませんが、本番前は逆効果だといえます。

お子様の不安や緊張を和らげる言葉

緊張をほぐす言葉褒め上手の親御さんがいるご家庭は、お子様の成績も良いと聞きます。「がんばれ!」ではなく、「今までよくがんばったね!」と褒めてあげるほうが心理的に楽になりやすいそうです。

「褒める」という行為は、お子様本人がやってきた事を認めてあげること。ポジティブな言葉を投げかけることで、本番までの勉強のモチベーションを上げ、受験へのストレスや不安を軽くしてあげる効果があります。

特にこれまで、人並み以上一生懸命受験勉強に励んできたお子様にとって有効な方法だといえるでしょう。

受験本番直前!親も一緒に緊張するとリラックス効果が!?

高校受験を直前に控えたお子様の前では、親の緊張した姿を見せてあげるといいかもしれません。緊張している人が同じく緊張している人を見ると客観的な思考になり、リラックスできるそうです。

2006年にトリノオリンピック・フィギアスケート女子シングルで金メダルを獲った荒川静香さんも、後輩の緊張を解くために自分もわざと緊張している姿を見せることがあるそうです。 そうすることで、意外にも後輩はリラックスした演技を見せやすくなると言っていました。

試験中のパニック対策を知る!

プレッシャーに慣れていないお子様は、本番になると、パニックで頭が真っ白になることがあります。テストの問題を読んでも、内容を上手く把握できなくなり、周囲から聞こえる鉛筆の音だけが気になり、時間がどんどん過ぎていく・・・。

このようなパニックに陥ると、実力を十分に発揮できず、これまで積み重ねてきた努力が水の泡になってしまいます。

家庭教師だからできる「メンタルサポート」

家庭教師の良いところは、勉強以外に生徒のメンタル面もサポートしてもらえるところです。受験本番中の心構えや、焦った時の対処法など、親では教えてあげられない「受験のメンタルテクニック」を、これまで受験戦争を経験してきた講師が教えてくれます。

>>メンタルサポート抜群の友の会はこちら!

記事の一覧表