ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

公立高校受験を控えた子供を持つ親の心得

ここでは、公立高校受験を目指すお子様がいる親御さん向けに、2014年以降の都内公立高校入試の特徴について解説しています。都内15校の中でもより人気の高い進学校はコレまで以上に問題が難しくなり、それぞれの学校で出題される問題が違います。そのため志望校に関する情報収集が、これまで以上に大切になりました。都内で進学を希望するお子様がいる親御さんは、特に進路希望者動向にも注視してください!

現代における公立高校受験の特徴

公立高校の試験科目公立高校受験(※ここでは東京都立高校のケースを紹介)の普通一般入試では、5教科(国語・数学・理科・社会・英語)もしくは、3教科(国語・数学・英語)の学力テストが実施されます。

普通科だと、5教科の学力テスト制を採用している高校が殆どですが、中には「グループ作成」と呼ばれる少し特殊な入試制度を採用している学校もあります。

グループ作成とは?

2014年度から導入されたもので、都内各15の公立高校を3つのグループに分けて、5教科のうち国語・数学・英語の科目について、グループ分けされた高校ごとに、独自の問題を作成する制度です。

なお、対象の15校は、以下の3つに分けられます。

・進学指導重点校
難関国立大学への進学を視野に入れた進学目的の高校のこと。青山高等学校、戸山高等学校など、合わせて7校がこれに指定されています。
・進学重視型単位制高校
この制度は、必須科目と選択科目において3年間で定められた単位を取得することで卒業ができる制度です。国立大学への進学は基本としていますが、私立大学の受験にも柔軟な対応が出来るというメリットがあります。
・併設型高校(中高一貫教育校)
中学からエスカレーター式に進学できる高校であり、高校入試による募集も行っています。中学入試の場合において志望倍率が7倍を超えるという、進路コースですが、中学で受かれば高校も選抜無しで進学が可能なのが人気です。

公立高校受験を控えたお子様がいる親の心得

通常行われる共通問題の一般入試と比べて、都内トップクラスの進学校で出題される問題は、格段難しくなる傾向があります。そのため生徒や親御さんは、志望校の入試問題に関する情報収集が欠かせません。

特に偏差値の高い進学校を受験する場合は、志望倍率が年々上昇しているため、競争率が高いです。

これは、世間で学歴志向の傾向がコレまで以上に強くなった証拠だといえるでしょう。各校の志望倍率(競争率)を示す進路希望調査の結果にも、目を光らせておくことが大切です。

志望倍率の変化の捉え方

進路希望調査で割り出される進学希望者の数の増減は、「志望倍率」で把握されます。

この志望倍率が前年度よりも増加している時は、その学校に人気が集まっている証拠であり、逆に前年度よりも低下している場合は希望する生徒が少ないということです。

そうなると、志望倍率が上昇している学校は、実際の高校受験で競争率が高くなるかと言えばそうではありません。事前調査であまりに競争率が高いと、敬遠されてしまい、実際には思ったほど競争率が高くならないという場合もあります。

家庭教師を雇って詳しい志望校の情報を掴む!

入試制度改革が盛んな現代の公立高校では、志望校の出題傾向や進路希望者動向などの情報をいかに正確に掴むかが合格の決め手に!家庭教師派遣会社では、それらの詳しい情報をお子様と親御さんに提供しています。

なお、当サイトでは講師の質と料金で厳選した家庭教師派遣会社6社を紹介!東大生がお子様の勉強を1時間3,000円台という格安料金でサポートしてくれます。

有名家庭教師センターの徹底調査レポート

記事の一覧表