ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

中学2年の子供を持つ親の心得

中2の時期に気をつけたいのが「中だるみ」です。高校受験までまだ1年以上あるのですが、時間があるという油断や、苦手科目に手をこまねいている間にモチベーションが下がってしまい、勉強から遠ざかるのもこの時期。
これが続くと、ずるずると成績を落としてしまう恐れがあるでしょう。親御さんは早めの対策を行い、お子様に勉強の習慣を身につけさせましょう!ここでは、子供のやる気を引き出すために親ができるアドバイスや対策法を紹介しています!

中2の時期に現れやすい「中だるみ」、対策法は?

中2の時期に現れやすい「中だるみ」高校受験まで、まだ1年以上余裕がある「中2」の時期は、「中だるみ」が現れやすいため注意が必要です。

ちょうどこの頃になると、自分の成績にも天井が見え始めるころだと思います。勉強をがんばっても成績が上がらないと、頑張ることに飽きてしまうのです。

飽きてモチベーションが下がってしまうと、今度は勉強する習慣が減っていきます。小学生よりも大人になり行動範囲が広がるため、遊びに夢中になりやすいのもこの時期の特徴です。

中だるみ防止のための習慣付け

大事な中学2年生の時期を、中だるみで過ごさせないためには、学習環境を整えてあげることが大事でしょう。勉強する習慣から離れてしまうことが、中だるみを長期化させる原因になりますので、まずはそれを阻止しなくてはいけません。

そのためには、毎日決まった勉強時間の確保ができる習慣が身につくような対策が必要です。

親の「勉強しろ!」は逆効果!?

お子様がなかなか机に向かわないと、「勉強しろ!」とまくし立てるケースがありますが、これはあまり意味がありません。むしろやらされている感が強くなり逆効果になってしまうことがあります。

勉強する習慣が身に付いていないお子様には、まず勉強をする理由を考えさせることが大事なのです。そのためには、近い将来の高校に上がってからの目標や、まだまだ遠い未来の大人になってなりたい職業など、明確なビジョンを持たせること。

早くに将来のビジョンを持つことで目標が定まり、勉強のモチベーション向上にも繋がります。

家庭教師学習によるモチベーションの向上

お子様が勉強の習慣を身につけるには、単に叱ってもダメです。親が率先して、勉強に対するモチベーションが上がる環境を構築する必要があります。

家庭教師によるやる気UP効果

家庭教師学習は、生徒のモチベーションを上げる方法として、とても有効な学習法だということをご存知でしょうか?

なぜならば、最近の家庭教師は「褒める」授業がとても上手いからです。

生徒は「褒める」ことで自信がつき、勉強を好きになります。勉強が好きになると、習慣にすることができるというわけなのです。

また、家庭教師はマンツーマン授業のため、塾よりも個々の生徒を褒めやすい環境が整っています。やる気を失いかけた生徒にとって、家庭教師はとても頼りになる存在だといえるでしょう。

苦手科目の克服

苦手科目の克服苦手科目の克服は、マンツーマン授業ができる家庭教師学習がオススメです。

学校や塾と違いお子様だけを対象に授業を進めていける自宅学習は、弱点範囲を重点的に復習できるので、苦手科目やキライな問題のパターンを徹底的に攻略することができます。

勉強で最も大事なことは、苦手な問題をどう潰していくかだといえます。

意外に多いのが、解らない問題をそのままにしておくケースです。生徒は、後々復習しようと考えてはいるのですが、「明日やるは二度とやらない」ということになってしまい、歯抜けの勉強になってしまっていることが多いのです。

家庭教師の授業は、まず生徒が苦手な範囲を抽出して、重点的に指導を行います。穴が開いた知識を埋めていくことで、基礎学力の向上につながるのです。

有名家庭教師センターの徹底調査レポート

記事の一覧表