ピリ辛批評の管理人が贈る家庭教師センター口コミサイト
絶対に受験を成功させたい!家庭教師の口コミの真実に迫る!

高校受験前の生徒にとって大事な夏休み

ここでは、高校受験前のお子様がいる親御さんへ、夏休みの限られた時間を有効利用して、他の生徒よりも、倍勉強することができる方法について紹介します。

高校受験を控えた中学3年生の夏休み

ぼやぼやしていられない中学3年生の夏休み中学3年生の夏休みは、お子様自身が強く高校受験を意識し始める時期です。早い生徒ならこの時期になると、すでに受験対策に入っており、宿題を早めに終わらせて高校受験の対策に取り掛かります。

学校から出される宿題は、夏休みの中盤までには終わらせ、後は苦手科目の克服や練習問題を片っ端から解いていくといった、自主学習に入ります。

夏休みに宿題だけやっている生徒と比べて、2倍の勉強量をこなしているので、休み明けから一気に成績が飛びぬけることがあります。ただ、このように計画的にいくのは理想的なパターンでしょう。

夏休みの時間を2倍活用するには?

お子様の中には、8月終わりまで宿題だけに手を取られてしまい、高校受験の対策まで手が回らないケースが見受けられます。これだと、宿題と自習を両立している生徒に、大きく置いていかれてしまうでしょう。

では、どうすれば、夏休みの時間を有意義に活用できるのでしょうか?
それは、計画を建てて勉強をさせることです!

勉強スケジュールを立てる日本の生徒が意外にできないこと、それは「計画」です。

計画が立てられないと、毎日の勉強が行き当たりばったりになってしまいます。1日の勉強にノルマが無いため、サボりやすくなってしまうのです。そうなると、無意識に後回しにした宿題が溜まっていき、夏休み後半、自習をする時間を確保できなくなってしまいます。

まずはお子様に夏休みの期間中に行う、宿題と自習のスケジュールを、作成させる事です。

親が教える学習計画の立て方

親御さんがアドバイスできる、夏休みの学習計画の立て方のコツについて、お話をします。

無理な計画を立てないこと!

まず1日に楽々こなせる勉強量を知ることです。無理をしない事が計画通りに勉強を進められるコツだといえます。

といっても、宿題の全体量の関係もあるので、そのことも考慮して、夏休みの半分で宿題が全部終わるように、課題科目を分配しなくてはなりません。計画的にやれば十分宿題を夏休みの半分で終わらせることは可能です。

宿題はできる物から解いていく!

宿題の学習計画は、科目を満遍なく並べる必要はありません。まずは、自分が解ける、早く終わらせられる課題からどんどん仕上げていく計画を立て、面倒なものや苦手な科目は後回しで大丈夫です。

自分が解るところから解いていくというのは、テストの問題を解く時のテクニックでもあります。学習計画を立てる時から、取捨択一の思考を身につけるのです。

厳密なタイムスケジュールは必要無し!

あまり細かなタイムスケジュールにしてしまうと、計画通りにいかないことがストレスになり、途中で頓挫してしまう恐れがあります。何時にこの科目をやるというように、勉強を始める時間を特定するのではなく、この日にこれだけ終わらすというようなスタンスを取ったほうがいいでしょう。

もしくは、余裕を持った時間割にしておくのも有効です。

例えば、「1時~3時までは数学の課題をやる」と決めた場合、時間通りに終わらなかった時のために、予備で1時間分スケジュールを空けておきます。こうすることで、早くできる時はできるし、時間が足りない時でも計画内では終わるというように、けじめがつきやすいです。

このように、学習計画を立てるコツを親が知っていれば、お子様にアドバイスをすることができます。ここで挙げたコツ以外にも、お子様に合った学習計画の立て方を色々考案して見ましょう。

家庭教師による学習計画表の作成

お子様の中には、自分で計画を立てることが、どうしてもできないという子もいるでしょう。そういったケースでオススメしたいのが、家庭教師学習です。

家庭教師は、勉強を教えるだけではなく、生徒のライフスタイルや性格に合わせた学習プランの作成を行ってくれます。当サイトでは、講師の質の高さと料金に着目して、オススメの家庭教師派遣会社6社を厳選しました。

有名家庭教師センターの徹底調査レポート

記事の一覧表